読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明後日までは、とても待てない

アイドルに引き寄せられたおんなのはなし

Summer Sonic 2014 -TOKIO-

行ってきました。

行ってきちゃいましたよ。

Summer Sonic 2014

TOKIO

T O K I O !

いやーマジでかっこよかったです、全員。

正直ね、今まではTOKIOで誰が1番タイプかって言われたら、

断トツで山口達也さんだったんですよ。

TOKIO唯一の既婚者。

 

私はアイドルと結婚したいとか

付き合いたいとか思わないんですが、

山口さんは自分の生活コミュニティにいたら

間違いなく結婚したいタイプNo.1

 

理由は一言ではまとまりませんが

まぁ鉄腕DASH見てれば分かるでしょ?

分かるよね?(わからない)

 

でも、ちょっと前から急に気になり始めた人が。

元々TOKIO兄さんは全員好きではあるんですが、

長瀬さんみたいなワイルドメンは

ちょっとタイプからは外れるんです。

通常なら。そう、通常なら!!!!!

 

でもなんでだろーーーーーーーーーーう

かーーーーーーーわーーーーーーいーーーーーーいーーー!

 

TOKIOの末っ子で、

別にもう気を遣ってるわけじゃないんだけど、

割とメンバーに敬語使うとことか

メンバーに甘やかされて、可愛がられて、

35歳にして未だに「男の子」って感じの笑顔とか。 

 

ということで最近TOKIOに惹かれて惹かれてたまんねぇ。

てなわけで、トキカケいっぷくDASH男子ごはんボンビーガールぐるなry

あたりは毎週録画なんですよ。

そういう経緯もあって、今回のサマソニに至るわけです。

 

TOKIOは第4ステージである(らしい)レインボーステージに出演ということで、

私は朝からレインボーステージに行ってみた。

 

なにせ初めてのサマソニなんです。

回り方もよくわからなければ、混雑予想もできない。

迷子になっても困るので最初からスタンバイ。

これを皮肉って地蔵なんて呼ぶらしい(そこから動かないから)

でもほかに見たいバンドがあるわけでもなく、

TOKIO以外のアーティストさんも楽しみながらのスタンバイだったので許してください。

 

オープニングアクトのkidori kidoriさんが最初のパフォーマンス。

私、バンドとか詳しくないので知らなかったんですが

とても気さくそうな方たち。今度からチェックしてみよう。

 

続いてWHITE ASH。

こちらも私は知らない(だんだん申し訳なくなってくる…)

でもサマソニ常連バンドだそうで。

ファンの盛り上がり方がすごい!

「ダイブ・モッシュ禁止」とは書いてあったがおかまいなし。

モッシュがすごい…

 

女性の平均身長より10cm以上低いちびの私は

男性陣が手を振るたびに肘が顔にガツンッ

男性陣がジャンプするたびに肩甲骨が顔にガツンッ

 

痛い

 

でも負けない!

私だって盛り上がりたい!!!!

 

は思ったものの、結果的には人に揉まれていただけ(ちーん)

 

WHITE ASHが終わり、いよいよ次がTOKIOなわけですが、

各出演アーティストのパフォーマンスの合間に35分くらい空き時間があるんですよ。

 

普通その間に観客が入れ替わったり、体勢を立て直すんですが

WHITE ASHが終わった途端、

後ろから観客が一気に押せ押せ。

まだ35分もあるのに観客TOKIOに前のめり!!!!!

前のめりすぎて腰痛めるわ(実際痛めました)

(悲しいかな…年齢感じるわ)

 

かなり無理な体勢で待つこと30分。

(ちなみに私は押されすぎて、

気づいたらステージまで10mくらいのとこにいた)

(太一君がwebに載せた写真に写りこんでる場所でした)

MCの方から、人が多すぎて危険ということで

「チワワ2匹分くらい後ろに下がってください」

という斜め上を行く指示。

(ちなみに自分なりのチワワの大きさでいいらしい)

 

MCの人が「わ〜!ご協力ありがとうございます!」って言ってたので

おそらく全体的に協力的だったんでしょう。

残念ながら前方は後ろに下がろうにも1mmだって下がれない状況でした。

(ちょっとは下がりたかった…息するのも限界)

 

偶然、高校時代の友人もサマソニに来ていたらしく、

後から話をきいたところ、後方では入場規制がかかり、

会場に入ることすらできず「音漏れ参戦」みたいなことになっていたらしい。

なんでもものすごい行列だったそうな。

 

そんなこんなしているうちに、いよいよTOKIO登場。

驚くべきは、周りの観客。

かなり前方にいる私の周りには、ほかのバンドTシャツを着た男性がかなり多い!

改めて、TOKIOというバンドが国民的高認知度アイドルバンドであると実感。

長瀬くん「44歳から36歳までのジャニーズでーーーーす!」

観客『うおああああああああああああああああああああああ!!!』

フェスであんなにもスッと受け入れられるジャニーズは彼らのほかいないのでは。

 

セトリは

  1. 宙船
  2. AMBITIOUS JAPAN!
  3. WATER LIGHT
  4. リリック
  5. LOVE, HOLIDAY.
  6. Future
  7. Sunset. Sunrise
  8. LOVE YOU ONLY(サマソニver.)

※もしかしたら抜けもあるかも

 

最初の2曲で観客のテンションはガンガン上がっていく。

ちなみにTOKIO兄さんたちは全員メンバー紹介ありました。

(でもたぶん全観客が全メンバーを知ってる)

 

個人的には松兄が「いらっしゃい!」って言ったのが印象的。

やっべぇ、、、この会場自分のものにしてる感すげぇ、、、

 

長瀬くんがまた煽り上手なんですねー

「野太い声を聞かせてくれー(ニュアンス)」とか

「踊れーーーー」(踊れる人口密度でも曲でもない)とか

「LOVE YOU ONLY サマソニバージョン!!!!」

 →観客『うおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ』

とかやりながら特にサマソニバージョンじゃなかったりとか

 

長瀬さんずっるぅぅぅぅぅーーーーーーい!

可愛いーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

てかいっけめ―――――――――――――――――――――ん!!!!

 

リーダーのギター背面弾きもこの目でしっかり見たし、

ニット帽かぶってる太一君ただの可愛い少年だし、

松兄は口角あげてクールにダンダン叩いてて痺れるし、

山口くんは半袖ハーパンで最後には腕まくりだし(安定)、

長瀬くんは全力で歌ってて男らしくてでも可愛くてもう言葉にならなry

 

3〜7曲目は知らない方もいたのではとは思うけどみんなお構いなし。

とにかく盛り上がる。

なんでもいいから盛り上がる。

観客全身全霊で盛り上がる。

 

ひゃほーーーーーーーーーーい!

 

そしてLOVE YOU ONLYでテンション最高潮。

やっぱりデビュー曲の威力ってすごいですね。

観客みんな歌ってました、ちょー笑顔。

 

途中、モッシュはもちろんのことダイブする人も結構いた。

(フェスになれない私は身の安全を確保するのに必死)

前方では押されすぎて倒れて運ばれてく人も結構いたよ…お気の毒に

 

でも本当にすごいですね。

バンドファンのテンションあそこまで持っていっちゃうTOKIOがまじでTOKIOすぎて格好良すぎた。

 

「LOVE YOU ONLYでデビューしたときはなんだか可愛い曲だなーなんて思った〜」とか長瀬くん言ってたけど、今では誰もに愛される伝説の名曲。

そこから20年間、いまでも芸能界の第一線で輝き続ける

"オッサン(byリーダー)"たちかっこよすぎです。

まじで痺れたぜ。

 

ということで

私は今、FC入会の振込用紙を書いています。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はまっちゃったなーーーーーーーーーーーーーーーーー