読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明後日までは、とても待てない

アイドルに引き寄せられたおんなのはなし

アイドルにも用法・用量があるらしい

ここ何日か、立て続けにジャニーズを摂取している。

f:id:Moz:20150303205949j:plain

一昨日から今日まで、お休みだったのでこれらをひたすら鑑賞していた。上段左から①Kis-My-Journey(初回DVD)、②Drink! Smap! Tour、③Oh! My! Goodness。そして下段左から④Kis-My-Journey(Blu-ray)、⑤Mirror、⑥Sexy. Honey. Bunny!、⑦鉈切り丸(パンフレット)。これに加えNEWSの「LIVE TOUR 2012~美しい恋にするよ~」も鑑賞した(友人に貸したため写真にはない)。どれも何度も観た作品だが、好きなコンサートDVDを挙げるなら上位に入るものばかりなので何度観ても飽きない。Kis-My-Journeyに関しては本公演はかなり前に観ていたのだが、特典映像を消化していなかったので、他の作品の合間に挟んで特典映像だけを観た。

 

事件が起こったのは、連続鑑賞3日目の今日。V6のセクバニ通常盤、三宅さんのマルチアングルを観ていた時だった。

ちなみにこの連続鑑賞、2日目から母親が参加している。わたしの母親はジャニオタではないが、誘えばコンサートも舞台も来る。ただし担当も決まっていない「みんなちがって、みんないい」という金子みすゞスタンスである。DVD鑑賞をすることは珍しいのだが、たまたま気が向いたのか母親も真剣に観ていた。

そんな母親に見どころポイントを細かく教えていたわたしは興奮していた。たしかに興奮していた。立ち上がり、「ここ、ここ、ここ!ここの三宅さんが…」と少し声を張った瞬間だった。

鼻血が出た。

興奮した鼻息に乗って鼻血がパパパッ、と飛んだ。何年振りの鼻血?という状況下ではあったが、そんな時でもジャニオタの優先順位はブレない。

「ティッシュゥゥゥゥゥ~!!!」と叫んで、母親が急いで持ってきたティッシュをむんずと掴み、真っ先にDVDのパッケージに飛び散った血を拭き取った。拭き取りながら新たに血が滴っては困るので、顔だけはDVDからズラした位置にポジショニングしているわたしの体勢は実に不自然だったに違いない。鼻にはすぐに母親がティッシュを当ててくれた。鮮やかな母娘の連携プレーであった。通常なら鼻から滴る血をどうにかするのが先だが、わたしにとってはDVDの方が心配である。そんなわたしの行動を見越した母親の対応には頭が下がる。幸いビニールパッケージのDVDにしか血が付かなかったので綺麗に拭き取れた。

興奮して鼻血が出るなんてことが本当に起こるとは思わなかった。今までにコンサートで幾度となく興奮し、コンサートに3日連続で(ちなみに過去最多の連日コンサートはKAT-TUNのBreak the Recordsで、それ以上だが)行ったって鼻血を出したことはない。それが何故DVDで。3日連続、しかも朝から晩まで多数のグループの作品、それもト ッ プ レ ベ ルで好きな作品ばかり鑑賞したせいだろうか。光一さんのMirrorコン初回に収録されているマルチカメラ(4曲分*1、各曲6アングル収録されている)の頭上アングルを観たあとで少し映像に酔った直後だったのもあるかもしれない。頭上アングル、つまり本当にステージ真上からのアングルで、斬新かつ新鮮。しかも天井席からでも見ることのできない光景なので好きなのだが、見慣れない上にクルクル回転するので観ていると(わたしの場合)若干酔うのだ。酔いと鼻血の関係性などわたしの専門外だが、その流れからの三宅さんのSupernovaにわたしの感情が高ぶり、その心の忙しさに体が耐え切れず悲鳴を上げたのかもしれない。

こんなのを思い出した。

f:id:Moz:20150303231653j:plain

出ない派だと思ってましたが、出る派でした。

 

今までは「ジャニーズの多量摂取で死ねる」とふざけて呟いていたが、これは笑えない事態だ。もうネタにはならない。少なくとも摂取しすぎれば鼻血程度は出ることが分かった。わたしは今までずっと「酒は百薬の長」ならぬ「ジャニーズは百薬の長」だと思ってきた。お酒も基本的には飲まないわたしが、根拠もなくつくり上げた夢をつめこんだだけのことわざ。だが、真理であると信じて来たし、今も信じている。それなのに、わたしとしたことが「適度」を知らず知らずに通り越してしまった。注意はしていたつもりだが、時間があるとついつい多量摂取しがちなので今後ジャニーズのDVDには目安でいいので症状(?)に応じた用法・用量の注意書きを封入してほしい。たとえば

症状:特段不調ではないが、刺激が欠乏している

用法・用量:特典映像を鑑賞、他作品の特典映像との併用摂取は3種まで可   

症状:気分がふさぎ込んでいる

用量・用量:特典映像まですべて鑑賞、他作品との併用摂取は2種まで可

とか。

とにもかくにも、当然だが何においても多量摂取は良くないらしい。みなさんも、自身に合った適量を適度なタイミングで摂取してくださいね。

 

*1:Deep in your heart/Love Me More/Shadows On The Floor/下弦の月